housing-お宅取材レポート一覧

実例取材一覧

美しい玄関が主役の住まい温かな交流も家族の時間も大切に

 「家づくりはここから始まりました」。そう言って案内してくれたのは玄関。洗練された格子のアプローチややさしい光が満ちる伸びやかな土間など、ご夫婦には作りたい玄関のイメージが明確にあったそう。新居のプランはこの玄関を軸に、設計者とともにていねいに描かれました。  「南北に長い敷地。南側は倉庫と隣接しているため、2階に第二のリビングとして使えるファミリースペースを計画。メインとなるLDKは北向き開口にし、道路沿いの東側にハイサイドライトを設けました。開放的な吹き抜けから一日中おだやかな光が注ぐ、心地よい空間になりました」。  また、日々の快適を求め生活動線も重視。「玄関土間の障子を開けると和室につながり、人が来たら気軽に腰かけてもらうことができます。反対側の家族用玄関へと進めば水回りへ直結。帰宅後の手洗いや着替えもスムーズです」。毎日の過ごし方から“自分たちの使いやすさ”を考えて生まれた住空間。「これから始まる生活が楽しみ」と、ご夫婦の笑顔も輝きます。  心に安らぎを与え、訪れた人々だけでなく、住人もおだやかに迎え入れる住まい。しあわせが舞い込むような美しい玄関から、豊かな暮らしが広がります。

シンプル&ナチュラルな木の空間に住みやすさ、使いやすさが融合した住まい

 2人の子どもたちのためにも、ナチュラルな自然素材の家が作れる工務店を探していたYさん。そこで見つけたのが、四国の木を大切にした家づくりをしているヒロセ設計でした。  家の土台と柱はヒノキ、床板はすべて杉の無垢材。生活の中心となるLDKは約23畳の広さで、木の魅力を存分に発揮しています。和室以外の1階はトイレなど水回りまで木の床で一続きなので、移動もスムーズな上、家事動線も使いやすく便利。キッチンバックや脱衣所など収納もたっぷりで、しまうもののサイズに合わせて造作しています。家族の暮らしに合わせて部屋数は最低限に抑えつつ、2階にも洗面台を作るなど住みやすさへの配慮も十分です。  ナチュラルな木の色合いにアクセントとなるのが、Yさん自身が選んだ壁紙やカーテンなどの内装。たとえば和室のカーテンはディズニー柄で和洋折衷に。キッチンバック収納の壁紙はサンリオキャラクター柄でかわいく。主寝室のウォークインクローゼットの壁紙はカラフルな花柄など、暮らしを楽しくしてくれそうです。  自然素材のやさしさと、シンプルながらも使いやすい造りがマッチした住まい。子どもたちの健やかな成長もしっかり守ってくれそうです。

敷地のデメリットを間取りでクリア家と庭が一体化するナチュラルな平屋

 幹線道路沿いで田園に囲まれた見通しのいい敷地。自然あふれる環境は申し分ありませんが、周囲からの視線を防ぐにはどうするかがプランのテーマでした。  まず活用したのが、ボートとバイクが趣味というご主人のための広いガレージ。道路側に目隠しとして配置し、玄関とつながる動線で使いやすさにも配慮しました。正面に庭は作らず、敷地の中央に設けた中庭を囲んで各部屋をコの字型に配置。どの部屋からも中庭に出られて、プライベート空間の開放感を楽しめます。広い敷地を活用した造園をどうするかは、これからのお楽しみです。  ナチュラルな木の家がいいという希望で、室内の色調はモノトーンと木目の組み合わせでシンプルに。一方で、照明にはこだわりました。ダイニングキッチンや子ども部屋、トイレなど部屋の用途によって照明のタイプを変え、洗面台は自然光が入るようにしています。壁クロスの色や材質も部屋に合わせて変えました。板敷きの洋室ばかりでなく、中庭に面した客間は畳敷きの和室で、冬はコタツを置いてくつろげるようにしています。シンプルだからこそ、今後の生活の変化に合わせて、柔軟にフィットしていけそうな住まいです。

暮らすほどに感じる確かな心地よさ毎日が愛おしく、めぐる季節も楽しみに

 住まいは暮らす人を映すといいますが、空に向かっておおらかに伸びる大屋根の家は、自然体で穏やかなご夫妻の人柄そのもの。風と光が行き交う室内も同様で、仲睦まじいおふたりのような親しみのある温かさに満ちていました。  「自然と落ち着く和モダンの家」をコンセプトにヒロセ設計と作り上げたのは、シンプルで年月を経ても美しさが息づく住まい。「無垢材や塗り壁など自然素材を使いながら“ほどよい和”を取り入れたデザイン」、「忙しい朝に混雑しない動線」、「必要な場所に必要な量の収納」など、ふたりのリクエストに沿った住まいの景色からは、ご夫妻が望む上質な暮らしの手触りが伝わってきました。なかでも重点的にお願いしたのは、以前の住まいで悩まされていた結露の問題。水滴が水たまりになり、カビの原因にもなっていたそう。「湿度調節できる換気框(かまち)付きのサッシや24時間換気、調湿効果の高い珪藻土や無垢材もしっかりと使ってもらいました」。  結露で嫌になっていた寒い時期も、住宅性能のおかげで今は楽しみに。リビング床暖房の温かさにもきっと感激することでしょう。心も体も健やかに過ごせる「はじめての冬」はもうすぐです。

自分で選んだ杉板、自分で塗った床。素材も工程もこだわった家は、デザインも住みやすさも大満足!

学生時代に林業を研究していて、木に思い入れの深いご主人。家づくりにあたって注目したのが、四国の木を大切にした家づくりをしているヒロセ設計でした。「インターネットでの評判もよかったし、設計事務所なので細かな対応をしてもらえると思って」と、そのポイントを語るご主人。建設中も週に1度は現場に訪れ、設計士さんと直接コミュニケーションをとっていました。そのおかげで、完成した家は「イメージ以上の仕上がりで大満足」だそうです。  こだわったのは木とアイアンを組み合わせたシンプルなデザイン。床板と天井はすべて杉で、開放感たっぷりの吹き抜けリビングは、その木の魅力を存分に発揮しています。奥さまのお気に入りは家事動線の使いやすさ。小上がりの和室以外は木の床で一続きなので移動もスムーズです。木の床のテイストに合わせた造作収納も充実しています。  「杉板の節があるのが好きで。木! という感じがするでしょう」と笑うご主人。自分で用材を選んだり、床の塗装をしたりと、工程にも直接関わっているから思い入れもひとしお。自然素材のやさしさで、子どもの健やかな成長もしっかり守ってくれそうな家です。

古きよき日本家屋をリノベーション。風情と機能性を併せ持つ家。

 元々新築より古い家が好きだったというAさんは、結婚と同時に築60年の家を購入。それから10年後、子どもたちの成長に合わせて変化するライフスタイルを見越し、今後も快適に住まえるようリノベーションしました。現場を訪れた設計士は「こんな立派な軒桁は見たことがない」と驚いたそうです。それもそのはず、家を支える桁はなんと約15mの一本杉。A邸はこうした梁や天井板、建具などこの家とともに生きてきたものを残しながらも、断熱性や耐震性、間取りを見直し、現代的な機能性を備えた住まいに生まれ変わりました。  1階の間取りは大幅にチェンジ。まず北側にあった台所とリビングを南側に移し、和室と主寝室、仕事部屋も確保しました。かつて納戸として使っていた中2階は吹き抜けにして、2階の子ども部屋とリビングとをつないでいます。さらにその吹き抜けの天井を開閉式にすることで、季節に合わせた暮らしを楽しめるよう工夫しました。梁の上の障子を開けると、窓から心地いい風が吹き抜けます。「このタイミングで決断してよかった。これからも家族でしあわせに暮らしたい」。ご夫妻の視線の先には、子どもたちの笑顔がありました。

2階LDKで見晴らしも明るさも満点! 風景を暮らしに取り込む木の家。

 広い玄関土間を上がって1階リビングへ…と思いきや、K邸のリビングはなんと2階! 屋根裏と梁を見せたログハウスのような、白壁と木のナチュラルな空間が広がります。  実はK邸のすぐ隣は小学校。塀が高くて1階の陽当たりが悪いため、2階をLDKにして水回りもまとめ、生活がほぼ2階で完結できるようにしました。片流れ屋根の勾配をロフトに活用して、収納スペースも確保。南面の大きな窓からは視界が開け、隣家の視線も気になりません。木目と白のシンプルな内装は、将来インテリアの好みが変わっても合わせやすくするためのもの。「趣味で集めたレトロ風の家具が合う家にしたかった」との奥さまのご希望にもぴったりです。キッチンの裏側に水回りを設け、家事動線を短くする工夫もあります。  小さい子どもがいるので、自然素材を生かした体にやさしい家を作りたいと、国内産木材にこだわるヒロセ設計に決めました。奥さまは「木の家で、自分たちの好みを生かして設計してもらえる工務店を1~2年探して、ヒロセさんと出会えました」と満足そう。南面の板張り壁はご夫婦でセルフペイントし、家づくりの実感をさらに深められました。

土間から広がるナチュラルな暮らし。 子どもたちの元気な声が響く木の家。

 玄関から勝手口まで続く長い通り土間。O邸の主役は、この通り土間と言ってもいいでしょう。イメージしたのはご主人の田舎のご実家。「遊んで帰って来たら、すぐキッチンに上がれる。収納スペースにもなる。中でも外でもない空間にしたかったんです」とご主人。土間を中心に各部屋を配置することで、家全体に回遊性を持たせています。  もうひとつのポイントが、ぜひつけたかったという薪ストーブ。ストーブの熱を逃がすために土間の上は吹き抜けにして、2階の部屋を渡り廊下でつなぐという空間構成も巧みです。他にも、洗濯コーナーと和室をつなぐ室内物干し場や、2階廊下に設けた共有の勉強コーナー、2階の部屋ごとに変えたクロスなど、随所にご夫婦のアイデアが生かされています。  1階フロアは洗面脱衣所も含めて杉の無垢材。土間と木が溶け合うナチュラルな味わいは、国内産木材と自然素材にこだわるヒロセ設計ならではです。「ヒロセさんはこちらの希望をほぼ叶えてくれて、予算もリーズナブルだったので助かりました」と奥様も満足そう。冬に向かって、薪ストーブを使い始めるのが目下の楽しみ。2人のお子様ものびのび、健やかに過ごせる家です。

2階LDKで見晴らしも明るさも満点! 風景を暮らしに取り込む木の家。

 広い玄関土間を上がって1階リビングへ…と思いきや、K邸のリビングはなんと2階! 屋根裏と梁を見せたログハウスのような、白壁と木のナチュラルな空間が広がります。  実はK邸のすぐ隣は小学校。塀が高くて1階の陽当たりが悪いため、2階をLDKにして水回りもまとめ、生活がほぼ2階で完結できるようにしました。片流れ屋根の勾配をロフトに活用して、収納スペースも確保。南面に大きくとった窓からは視界が開け、隣家の視線も気になりません。木目と白のシンプルな内装は、将来インテリアの好みが変わっても合わせやすくするためのもの。「趣味で集めたレトロ風の家具が合う家にしたかった」との奥様のご希望にもぴったりです。キッチンの裏側に水回りを設け、家事動線を短くする工夫もあります。  小さいお子様がいるので、自然素材を生かした体にやさしい家を作りたいと、国内産木材にこだわるヒロセ設計に決めました。奥様は「木の家で、自分達の好みを生かして設計してもらえる工務店を1~2年探して、ヒロセさんと出会えました」と満足そう。南面の板張り壁はご夫婦でセルフペイントし、家づくりの実感をさらに深められました。

ほしかった空気感を実現。 暮らしをデザインする住まい。

 ある本を読んで、将来に渡るメンテナンスなどを考えると家づくりを頼むのは近所の工務店がいいという一行に共感し、近くにあったヒロセ設計を訪問。そこで見た施工例にご主人のイメージに近い家があり、ヒロセ設計にオーダーすることになりました。S邸は室内を古民家風に、外観はスタイリッシュモダンに仕上げているのが特徴。室内に入ると洗い出しの土間やアンティーク風に仕上げた造作の建具が郷愁を誘います。  LDKには大きな吹き抜けがあり、上階から光が注ぐ明るい空間。吹き抜けまでが家族共有の空間になっていて、いつでも気配が感じられるのも魅力です。また、奥さまの要望で収納はなるべく戸を付けず見せながらしまうスタイルに。「閉じてしまうとどこに何があるかわからなくなって、結局使いそびれることもあるので」という言葉に納得。飾る楽しみも増えそうですね。  「ヒロセ設計さんは現場で工事を進めながらの変更にもスムーズに対応してくれたのが印象的」とご主人。柔軟に対応してくれたことが結果的にいい家につながったと話してくれました。これから庭づくりを始める予定だとか。少しずつ手を加えて家を楽しんでいきます。

心地いい空気と自然素材に包まれた体も心も元気になれる住まい。

 子どもを安心して育てられる自然素材の家を希望し、1年かけてイメージを固めていったSさんご夫婦。その思いを視覚的に提示し、予算内で実現しようとしてくれたヒロセ設計をパートナーに選んだことで、「理想の家」は現実の住まいとなりました。  背の高い平屋に設けられた隠れ家のようなロフトは、家族それぞれが読書の時間を楽しむ特別な部屋。リネンのカーテンがやさしく揺れるリビングは、家族みんなのくつろぎの場所になっています。「夕食を作りながら、リビングで子どもが遊んでいるのを見守ったり、外で主人が庭作業をしているのが見えるんです。前より家族がひとつになった気がしますし、家で過ごす時間が増えました」と奥さま。愛娘の一華(いちか)ちゃんも、高い天井の下でのびのびボール遊びを楽しんでいます。  「造り付けの収納もたっぷりあるので、部屋も心もスッキリして新しいことに挑戦したくなった」と喜ぶSさんご夫婦。これからは来年の春に向けて、芝生を入れたりシンボルツリーを植樹したりと、自分たちで庭を作り上げていく予定です。家の中でも外でも、家族で楽しめることがどんどん増えそうですね。

屋根の小窓から星空を眺める。夢の原風景から考えた住まい。

 三角屋根に煙突のあるK邸はログハウスのような佇まい。もともと畑だった広々とした土地に建ち、ひときわ存在感を放っています。少し高台で道路からの距離もあるため、人目が気にならずプライベート感もたっぷり。広い裏庭には薪が並べられ、ご主人はゴルフの練習もしているそう。室内だけでなく庭も含めて暮らしを楽しむ様子がうかがえます。  これまで仕事の都合で県外のアパートに暮らしていたKさん。いつしか庭のある戸建てでゆったりと暮らしたいという夢を描くようになりました。そこで一番自由に家づくりができそうなヒロセ設計を選んだのだとか。ご主人は、三角屋根、屋根の天窓、回遊できる間取り、2階のユーティリティ…などたくさんの夢を語り、それを社長が具現化していくことで今の形に至りました。  室内の壁は木チップ入りの和紙を張り、塗装したもの。吸湿性にすぐれた自然素材です。この塗りの作業はご主人がセルフビルドで手掛けました。「休日を使ってコツコツやりました。大変でしたがいい思い出です。コストダウンにもつながりましたし」。想いをたっぷり詰め込んだお気に入りの空間は住むほどに愛着が増しそうです。

住まいも人も健やかに。緻密な動線計画で心地よさを実現。

いずれ建てるなら早いうちに建てようと、家づくりをスタートしたHさん。おふたりの将来設計において、子どもと住まいは連動していたと言います。「キッチンからフロアが見渡せるLDKがいいなとか、使い勝手のいい小上がりの畳コーナーは欲しいなと考えていました」と奥さま。一方ご主人はゆとりのある空間づくりを意識したとのこと。LDKはもちろんのこと、トイレもゆったり確保。「子どもが小さいうちは親が一緒に入ることもあるだろうから」と語り、すでにパパになる心構えもちらり。現在奥さまは妊娠中ということもあり、「お腹が大きくなってみて改めてゆとりのある空間のありがたさを感じましたね」と話してくれました。  H邸は動線計画も見事。キッチンを中心にダイニングと脱衣所を結んで家事動線を一直線に。アイランドキッチンなのでLDKを回遊できるのもポイントです。また玄関を入ると構造上必要な柱を利用した壁が空間をさりげなくセパレートしており、玄関からキッチンが丸見えにならないよう配慮されています。右に行けば家族共有のパブリック空間へ、左に行けば寝室などのプライベート空間へと分けられ、個と共のバランスを保っています。  ヒロセ設計の家づくりのコンセプトは「住宅も健康であれ」。使用する材木は、香川県から緯度で1度以内の高知県材です。その理由は、木も育った環境と変わらない場所で使われるほうが長持ちするというもの。健康な住まいは住人の暮らしを心地よくサポートしてくれることでしょう。「国産の材木は白アリにも強く、薬を散布しなくても10年保証があるので、これから子育てしていくHさんにはぴったりですね」と広瀬社長は話してくれました。赤ちゃんを囲んだ、笑顔いっぱいの暮らしはもうすぐ始まります。

時間をかけて夫と妻の好みを反映。夢のカリフォルニアスタイルが実現。

さんさんと陽の当たる南向きの家幅いっぱいに、1階はウッドデッキ、2階にはバルコニー。スタイルのある外観には、住む人のセンスのよさがにじみ出ています。Sさん家族は一番年長のお姉ちゃんの小学校入学前に入居できるようにと、家づくりを始めました。  カリフォルニアスタイルの本や雑誌を参考にしたというLDKは、インダストリアルなクール感とナチュラルのミックスが印象的です。独特のニュアンスを生み出すのは濃い茶色の床。床材に5種の塗料を塗ってもらって、好みのこげ茶を選びました。さらに「もう少し茶色を加えたい」というご主人の意見で、天井も板貼りに。日当たりのいい部屋だからこその、あえて濃い目の色使いで、空間がより独創的になりました。  LDKのポイントである螺旋階段は、スチール製。「なるべくマットな質感の塗料を塗ってください、とお願いしました」と奥さま。システムキッチンはずっと憧れていたTOYO KITCHENにして、接する壁には名古屋モザイクのタイルで大人のかわいらしさもプラスしています。  「夫とは好みの方向性が合うだけに、最終決定の微調整にすごく時間がかかりました(笑)。ヒロセ設計さんは、急かさずに結論を待ってくれたので、落ち着いて満足できる家づくりができました」と奥さまは満足そう。  取材したのは入居前でしたが、お子さんたちも既にこの家が大好き。いちばん年長のお姉ちゃんは、瞳をキラキラ輝かせながら「お友だちに自分の部屋に遊びに来てもらうんだ」と話してくれました。

「みんな一緒」の生活をやさしく守る、吹き抜けと中2階のある家。

 メタリックな外観のM邸。玄関を入ると、天窓から陽光のふりそそぐ吹き抜けの空間が広がります。ご主人の実家は日本家屋で、結婚後もアパート住まいだったため、広いLDKと吹き抜けのある家が憧れだったそう。施工会社を決めたポイントは、お兄さんがヒロセ設計で家を建てており、そちらもやはり吹き抜けのある家。「それを見て、絶対これにしよう! と思いました」と笑って話してくれました。  1階の床は素足でも温かみがあり、傷つけてもメンテナンスがしやすいように、無垢の杉材をセレクト。それに合わせて壁や家具は白と茶色のナチュラルな色合いに統一したので、より広く見えるようになっています。できるだけ1階で家族みんなが過ごせるようにと、吹き抜けの高さを活用して、ちょっとした勉強やお絵描きができる中2階も作りました。さらに階段下のスペースは半地下の物置にしてあり、空間利用も見事。シックなソファを置いたリビングとは対照的に、キッチンはカウンターチェアを置いたバーのようなイメージにして、ワンフロアで雰囲気を変える心にくい工夫もあります。  「子どもがまだ小さいので、夜も1階の和室で布団を敷いて一緒に寝ているし、だいたい1階で生活が完結できています」と奥さま。和室も含めた1階の床は境目がなく、扉も床にレールがない吊り下げ式の引き戸なので、掃除がしやすい点もお気に入りです。他にも、お風呂は4人で入れるように広めにしたり、2階の廊下も幅を広くするなど、家族で快適に過ごせる心配りがあちこちに。  「子どもが小さいうちは、できるだけみんなで一緒に過ごす時間をもちたい」と言うご主人。その思いが表れた住まいになりました。

木の香り漂う、癒しの空間。ウッドデッキに「炉」がある家。

 近くに川が流れる静かな田園風景の中に建つO邸。和の雰囲気ながら、ウッドデッキが調和し、木の温もりを添えています。玄関を開けると木の香りがふわり。全フロアにヒノキの床材を使用し、家のなかにいるとまるで森林浴をしているような心地よさに包まれます。  外壁も内装も、ほとんど白で統一。清潔感あふれるLDKは、そのままウッドデッキとつながっており、和室と合わせると約30帖もの広さになります。吹き抜けの窓から明るい日差しが差し込んで風通しのいいリビングは、心身ともにリラックスして過ごせそうな癒しの空間になりました。  家の建築が決まったとき、ご主人の好みは落ち着ける「和」、奥さまは生活しやすい「洋」と意見が別れたそう。そんなご夫妻の意見を取り入れつつ、設計士が提案したのは色や素材感を統一し、和と洋を「いいとこどり」したミックススタイル。まだ幼い2人のお子さんの子育てを楽しみながら、スッキリと暮らせる住まいになりました。  玄関は来客用と家族用にふたつ作り、各部屋に棚や収納をたっぷり設置。キッチンは料理好きな奥さまの希望でガスコンロを採用。大容量のパントリーに暮らしまわりのものをまとめて、使いやすさも抜群です。  一番のこだわりは、リビングから続くウッドデッキ。屋根や目隠しの格子がおしゃれなデッキには、いつでもバーベキューが楽しめるように「炉」を作りました。耐火レンガを敷き詰めて直接炭を置ける形にしたので、あとは網を乗せればいいだけ。気軽に使えるので、家族や友人を招いてのパーティなどに重宝しそうです。アウトドア好きなご主人の希望だそうですが、どんな絶景よりも、家族の笑顔が一番の癒しの風景になりそうです。

やっぱり「和」のテイストが落ち着く。リビングに障子のある家。

 切り妻屋根に、コテ跡をざっくりと残した「そとん壁」の表情が美しいM邸。4月の完成後、庭に植栽した木々も瑞々しく成長し、しっとりとした和の風情を添えています。  出迎えてくれたのは、もうすぐ2歳になる晴子ちゃんと奥さま。引き戸式の玄関を入ると奥に長い土間、その突き当りにはゆったりとした収納があります。釣りに日曜大工、アクアリウムと、多趣味なご主人の希望で、出入りがラクな間取りになりました。  ご夫妻ともに好みがハッキリしているMさん。「そこがヒロセ設計さんとぴったり合ったんです。もちろん予算もあるので、全体的なバランスが決め手になりました」と奥さま。一番のお気に入りは、リビングに使用した「吉村障子」。外枠と桟が同じ寸法なので、閉まっているときに一枚に見えるのが特徴。無垢の床とも相性がよく、スッキリと落ち着いた空間になりました。キッチンは奥さまの要望で、L字型を選択。収納の棚や引き出しはご主人のお手製で、どこに何があるのか一目瞭然。共働きのご夫妻どちらが立っても絵になりそうです。  洗面台をカスタマイズしたり、晴子ちゃんのおもちゃ箱を作ったり。ご主の腕はすでに趣味の域を超えているよう。天井高の建具やゆるやかな曲線を描く階段の手すり、ライトの位置など細部まで一つとつこだわって選んだM邸は統一感があり、家づくりのプロセスを楽しんでいる様子が随所に感じられました。  2階は主寝室と子ども部屋。そして壁一面に作った本棚には、CDや蔵書のほか、家族の写真がライブラリーのように並んでいます。「子どもはできたらもうひとり欲しいな」と、はにかむ奥さま。新しい住まいで、晴子ちゃんもお気に入りのクマさんと、終始ご機嫌に遊んでいました。

真ん中にある吹き抜けを通って光と風が行き交う家。

 家の西側にある逆台形の壁が印象的なH邸。外観は現代的なフォルムながら、玄関をくぐると一転、伝統的な日本家屋を思わせる落ち着いた和風の空間が広がっています。  驚かされるのは、その快適さ。外は汗ばむような天気の日でも、室内に入ればひんやり涼しく快適です。秘密は家の真ん中に配された大きな吹き抜けの階段。この場所が各部屋と小さな調整窓でつながっており、窓を通じて熱い空気が上に抜けるように設計されています。加えて、宮崎の火山灰を原料とする塗り壁も、快適さに一役買っています。空洞の多い火山灰が臭いと湿度を吸収するため、家の中が常に適度な湿度に保たれているのです。  また、室内の明るさにも吹き抜けが役立っています。本来なら光が入らない北側の部屋にも、吹き抜けを通じて届く2階の光が、調整窓から差し込んでいます。一方、南側にあるリビングは庇(ひさし)によって光を抑えています。冬は日が差し込み、春分から秋分までは直射日光が入らないように、庇の長さを緻密に計算。ここでは夏でもカーテンなしで過ごすことができます。  ライフスタイルに合わせた設計もポイントです。お盆や正月には十数人の人が集まるH邸。その時には、リビングと小上がりになった和室をつなげて使います。わざわざ和室を高くしたのは、和室でくつろぐ人とソファに座る人の目線の高さを合わせるための心配り。これなら気兼ねすることがありません。  天然素材を使って健康にも配慮しているH邸は、住まう人も遊びに来た人も、誰もが心からリラックスできる場所です。

「ボクの家に遊びにおいでよ!」遊び心満載の和モダン平屋住宅。

 「自然素材をふんだんに使った、体にやさしい家がいい」そんなSさん一家の思いにぴったりと当てはまったのがヒロセ設計でした。国内産木材、珪藻土、土佐和紙など、素材感を生かしながらデザインにも定評があるヒロセ設計。女性現場監督の笹尾さんと意気投合し、なごやかムードで家づくりがスタートしました。  敷地にゆとりがあることから、デザインは和風の平屋住宅に決定。瓦を載せた切妻屋根が美しく、隣接する母屋とも調和が感じられます。引き戸の玄関を入ると広々とした土間になっており、壁には大型のクローゼットが3ヵ所も設置されて家族の靴や洋服などもたっぷりと収納できます。お出かけ用のグッズなども靴を履き替えることなく取り出せるので子育てファミリーにはとっても便利ですね。  木の香りが漂うリビングは南向きの明るい空間。床材や柱は杉の無垢材、大黒柱はヒノキの円形にして、子どもたちの成長の記録を刻んでいくのだとか。一部吹き抜けになった天井は開放感抜群。塗り壁の一部は奥さま自身が手がけたそう。記念の手形もいい思い出になっています。  子ども部屋には、長男・幸太朗くん3歳と次男・裕太朗くん1歳が遊べる仕掛けがたくさんありました。「男の子だし少々汚しても大丈夫。友だちをたくさん呼べて、雨の日でも元気に遊べる。そんな家にしたかった」と奥さま。壁の一面をクライミングウォールにしたり、ロープやブランコを吊るしたりと、子どもたちは自由にのびのびと遊んでいます。さらにキッチンは赤、トイレは緑、浴室は水色と部屋ごとにさし色を加えたことでアクセントが生まれ、毎日の生活がより楽しくなりそう。そんなS邸の心地よさは、どこまでも自然体の子どもたちの笑顔が、満足度を物語っています。

情緒ある和とモダンな暮らし。中庭がつなぐふたつの世界。

 玄関を入るとガラス越しに中庭が見え、そこには味わい深いサビをまとった庵治石が、低い塀を作り出していました。H邸は、この石塀のある中庭を中心に、客間である和室と生活スペースであるLDKをうまくセパレートしています。  和室に入ると、雪見障子からは白い玉砂利を敷いた坪庭が見え、白南天の木やカクレミノの木が風情ある趣きをたたえています。「夜になってライトアップしたところもいいんですよ」とご主人は話してくれました。  リビング側に行けば、開放的な窓の向こうにはウッドデッキが広がっています。デッキと石の組み合わせも美しく、ラグジュアリーな空間を醸し出していました。見上げればリビングの吹き抜けからは自然光が注ぎ、室内の無垢の木々をやさしく照らしています。Hさんご夫妻がこだわったのは、自然素材を使った暮らしにフィットした家。これまで築100年の平屋に住んでいたというおふたりは、冬の寒さや夏の暑さに頭を悩ませてきたそう。「出産を終えて帰ってくる場所がこの家で本当によかった」と奥さま。誕生したばかりの莉才(りさ)ちゃんもこの家の心地よさにうっとりしている様子です。  H邸を手掛けたヒロセ設計の社長は、香川の気候に合った家を作るため、風の流れを計算し、構造材も地のものをふんだんに使ったと話してくれました。  また、回遊できる間取りをはじめとした動線のスムーズさもポイント。中庭のまわりをぐるりと回遊できるほか、両親が暮らす母屋とのつながりにも配慮されています。プライバシーを確保しつつ、家族で共有できる空間をもつぜいたく。H邸は中庭が映し出す季節感とともに、家族の暮らしもどんどん深まっていくことでしょう。

自然の力と寄り添いながら心豊かに暮らす住まい。

 「朝起きると採ったばかりの野菜がキッチンに並んでいます」と、やさしくほほ笑む奥さま。ツヤツヤ輝くナスやトマトなど、見るからにおいしそうな夏野菜はご主人自慢の畑で収穫したものです。  Yさんの家づくりのテーマは「家庭菜園のある家」。約95坪の土地は利便性のいいレインボーロード近く。にぎやかな場所ながら田んぼに囲まれた住宅街は静かで、なによりすばらしい風が通ります。念願の菜園は日当たりのいい東側に作りました。  「ブロックの並べ方や通路の幅など、細かな所までこだわったんですよ」と、ご主人。雑草のない手入れされた畑はもちろん、農機具や野菜の土を落とすための洗い場、道具を収納する倉庫を設けるなど、野菜作りにかける情熱がひしひしと伝わります。  “日々つくり育む”という姿勢は家の隅々にも息づき、Yさんご一家ならではのアイデアも目を引きました。例えば、天井高7.8mの解放感あるリビングには、窓を開けるためのキャットウォークや朝日をやわらかく室内に取り込む和紙の丸窓、温かみのある木の階段など、柔軟な感性で広い空間にインパクトのある表情を演出。また、奥さまの仕事場であるキッチンからはランドリースペース、洗濯干し、クローゼットがぐるりと周回できるように配置され、スムーズなハウスワークを実現。さらに、家の顔である玄関屋根には独自の色調変化を持つ銅板屋根を。年月を経ることで美しい緑青への変化が楽しめます。  畑も家も生きているもの。手間をかけ、愛でることで、何事にもかえがたい喜びを返してくれる、ということをYさんご一家は知っています。これからも自然と家族の絆を軸にして、豊かな暮らしを実現することでしょう。

白い吹き抜けが開放感抜群!スタイリッシュな子育て住宅。

 三木町の閑静な住宅地の一画に、輝くようなシルバーの外観が目を引くM邸。断音性や遮熱性にすぐれたガルバリウムの外壁は、住みやすさに加え、クールでスタイリッシュなデザイン性も魅力のひとつ。屋根もシルバーで統一し、スクエアな外観がより引き立ちます。  ドアを開けると、真っ白な玄関とたっぷりのシューズクローク。床も天井もすべて奥さまの好きな白でまとめ、清潔感あふれる空間に仕上がっています。ポイントカラーの青い玄関扉を開けると、広々とした吹き抜けのLDK。「家ではのんびりリゾート気分もいいかなと思って」というご主人と一緒に、柚香ちゃん4歳と燈哉くん2歳ものびのび過ごしています。こちらも白の効果で、約20畳がより広く感じられます。  家づくりに当たって15社ほどを検討したというMさん夫妻。ヒロセ設計を家づくりのパートナーに選んだ決め手は、かっこいいデザインと、スピーディな対応。担当が女性だったこともあり、水まわりや収納などへの細やかな対応も、満足度につながったようです。  一番のお気に入りはキッチンとひと続きになったカウンターテーブル。「調理してすぐ出せるし、後片付けもラク」、「家飲みが楽しくなった」とご夫妻。家電や食器、食品ストックなどはすべて隠す収納にして、来客時はスマートに。そしてもうひとつのお気に入りの場所、トイレだけは、黒やグレーなどシックな内装にして印象をガラリと変えました。   ロボット掃除機を使ったり、子どもたちのおもちゃは2階の子ども部屋だけとルール決めをしたり、楽しみながらキレイをキープしているM邸。「ラク=楽しむこと」が、快適な暮らしの秘訣のようです。

一番使う場所だからこそ、大切にしたい。ヒノキの香りに包まれた、こだわりの玄関とリビング。

 南東に位置する玄関の丸い窓が、遠くからでも目を引くY邸。和モダンな外観に合わせた引き戸を開けると、あまりの広さと明るさ、そしてヒノキの香りに思わず深呼吸してしまいます。「家の外と中をつなぐ大切な場所だからこそ、玄関にはこだわりました」とご主人。  広さ5畳ほどの玄関ホールは天井が高く、奥には坪庭が見えます。一枚板を使った靴箱は重厚な作りで、たっぷりの収納スペースを確保。和紙をはめこんだ大きな丸窓からは、やわらかな光が差し込んでいます。  長女の杏香ちゃん5歳が来春から小学校に通うのを機に、家づくりを考え始めたというご夫妻。広々とした玄関は、弟の岳玖くん3歳と一緒にゆったりと腰掛けて靴をはいたり、身支度を整えることができます。  間取りに関してかなり研究したというYさんご夫妻。キッチン奥にL字型のカウンターを作りました。その上に造り付けの棚を設置し、パソコンを置いて、ちょっとした家事ルーム兼書斎として活用しているそうです。「すごく使いやすいです」と奥さま。南向きのLDKは風通しがよく、ひと続きになった和室も開放して、のびのびと過ごせます。  2階には、ご主人の希望で子ども部屋と寝室にゆったりとしたロフトを作りました。白い階段を上ったり降りたり。「ここが一番好き」と、子どもたちがお買い物ごっこやかくれんぼなどをして、よく遊んでいるそうです。  今後は坪庭の植栽や庭づくりなども計画中というご夫妻。ライフプランと予算、そして「こんな家に住みたい」という理想が調和した住まいで、自然体で暮らすご家族の笑顔が印象的でした。

キッチンをベースに考えたら、快適! 子育てママ生活。

 山吉邸は、天然素材にこだわった家。無垢の木、土壁はもちろん、太陽光が十分に入る窓も大きなポイントです。  「子どもが育つ場所だから、本物の木にこだわりました」と話すご主人の横顔には、新米パパのまっすぐな思いがありました。  また、間取りについても、育児ありきで考えたという山吉さんご夫婦。LDKは縦のラインで設計し、キッチンに立つと1フロアが見渡せます。さらにリビングエリアの南側半分は吹き抜けを作りました。吹き抜けの窓から入ってくる光で、1階は部屋じゅうが明るく快適です。LDKの奥には和室があり、子育てが落ち着くまでは和室がメインの育児場所になりそうです。「ミルクやおむつ替えなどのたびに、ひんぱんにキッチンや脱衣所を行き来するので、この間取りにして正解でした」と奥さまも大満足。やはり、間取りが住み心地につながると教えてくれました。和室は戸を開けると、キッチンからも見えるので、奥さまがキッチンで用事をしていても、お昼寝する萌果ちゃんの様子を確認できます。これならお互いが安心できますね。  一方、機能面だけでなく、飾り棚や建具など細部のデザインにまでこだわりがあるのも山吉邸の特徴です。とくにキッチンは、リビング側から見るとまるでスタジオのセットのよう。上げ下げ窓を取り入れたり、ホーローの照明を選ぶなど、ナチュラルななかにも来た人がほっこりするような北欧テイストをミックスさせ、温もりのある空間に仕上げています。  おしゃれで快適! 気持ちいい!子育て世代必見のナチュラル&北欧テイストの家は、自然素材のやさしい住まいでした。

1ページ目(2ページ中)