housing-お宅取材レポート一覧

実例取材一覧

設計士のデザインに大工魂を込めて。自分たちらしくカスタマイズ。

 田園風景にひときわ目立つ丸い窓のお宅。ここがAさんの新しい住まいです。「ずっと土地を探していて…自宅の横には、事務所兼倉庫もほしいと考えていたので、ここを見つけたときは即決でした」とご主人。 
なんとご主人は大工さんで、この家も設計はヒロセ設計さんにお願いし、施工はAさんが行いました。ヒロセ設計さんを選んだ一番の理由は、「木のぬくもりを感じられる家だったから」と、さすが大工さんらしいひと言です。 
その言葉どおり、リビングに入ると床、天井、柱、階段と木の存在感に包まれます。「床も杉材を使っています。傷が付きやすいのはわかっていたのですが、それも味になるかと思って…」とご主人。木の家に対する愛情がうかがえます。 
ご主人が家づくりを進めるにあたってこだわったのは、玄関と水まわりの広さです。お客さまを迎え入れる玄関と、お風呂、一日に何度も使うキッチンは、とにかく十分なスペースを確保しました。その結果うまれたのは「ゆとり」。 
「ものが増えていくキッチンや脱衣所こそ、広くとっておいて正解でした」と奥さまも大満足。たとえば脱衣所も、服の脱ぎ着をするだけの場所ではなくミシンやアイロンがけの作業スペースとして使うことを前提に設計したおかげで、普段は広々、作業時もゆったりと使うことができます。毎日ではないけれど、使う日のことを考えて設計する、それが後になって暮らしに「ゆとり」を与えてくれます。 
また、「ゆとり」は互いを思いやる心にも。Aさんご夫婦は、おふたりそろって料理好き。取材日の朝食はご主人がピザを焼いてくれたとか。なんともうらやましい限りです。

2ページ目(2ページ中)