housing-お宅取材レポート詳細

実例取材詳細

情緒ある和とモダンな暮らし。中庭がつなぐふたつの世界。

お客様レポート

 玄関を入るとガラス越しに中庭が見え、そこには味わい深いサビをまとった庵治石が、低い塀を作り出していました。H邸は、この石塀のある中庭を中心に、客間である和室と生活スペースであるLDKをうまくセパレートしています。
 和室に入ると、雪見障子からは白い玉砂利を敷いた坪庭が見え、白南天の木やカクレミノの木が風情ある趣きをたたえています。「夜になってライトアップしたところもいいんですよ」とご主人は話してくれました。
 リビング側に行けば、開放的な窓の向こうにはウッドデッキが広がっています。デッキと石の組み合わせも美しく、ラグジュアリーな空間を醸し出していました。見上げればリビングの吹き抜けからは自然光が注ぎ、室内の無垢の木々をやさしく照らしています。Hさんご夫妻がこだわったのは、自然素材を使った暮らしにフィットした家。これまで築100年の平屋に住んでいたというおふたりは、冬の寒さや夏の暑さに頭を悩ませてきたそう。「出産を終えて帰ってくる場所がこの家で本当によかった」と奥さま。誕生したばかりの莉才(りさ)ちゃんもこの家の心地よさにうっとりしている様子です。
 H邸を手掛けたヒロセ設計の社長は、香川の気候に合った家を作るため、風の流れを計算し、構造材も地のものをふんだんに使ったと話してくれました。
 また、回遊できる間取りをはじめとした動線のスムーズさもポイント。中庭のまわりをぐるりと回遊できるほか、両親が暮らす母屋とのつながりにも配慮されています。プライバシーを確保しつつ、家族で共有できる空間をもつぜいたく。H邸は中庭が映し出す季節感とともに、家族の暮らしもどんどん深まっていくことでしょう。

MORE

間取りイメージ

  • 間取り画像
  • 間取り画像

ハウジングデータ

  • 夫婦+子ども1人

  • 木造軸組工法

  • 170.62m²(51.61坪)

  • 119.28m²(36.08坪)

  • 51.34m²(15.53坪)

  • ママ目線の家
  • 自然素材の家
  • ライフスタイル
  • 和を感じる家
  • インテリア&収納にこだわった家
  • 子育て世代の家